上には上が、下には・・・

うっとおしい雨が続きますね~^^;

雨の季節は頭痛との"たたかい"でもあります。。。



新しいテレビがやってきて10日あまり。

大きい画面に、液晶が鮮やかすぎて・・・目が対応出来ない感じになってます。
このブログにも、何度か目の不調を訴える記事を書いてますが、
今回もかなりキツイ・・・
液晶テレビではなく、プラズマを買うべきだったか、なんて思いもよぎりましたよ。

で、自分の眼、なんですが、
半年に一度くらいのペースで、眼科で検査をしてもらっているのですが、
この前のときも、問題なし。

眼球、眼底検査、眼圧どれも異常はないようです。

でもねー、ホントこの見え方、何とかしてほしいんです。
ちょっとした明かりが眩しくて。
今にも雨が降りそう~なくらい、どんよりした天気でも、
サングラスをしないと外を歩けません。
そのサングラスも、偏光度の高いものだし、
室内でもサングラスをしたくなることもあって。。

んー、症状的にいって、白内障?!とも考えますが、
眼科の先生曰く、その気もないようで。

このまま行くと、将来どうなるんだろ~って不安が大きいですょ。

眼の違和感を覚えだしたのが、
30歳を過ぎた頃から。
パソコンを触りだしたのも、ちょうどその頃でしたけど、
原因はこちらではないかと・・・

そう、それは『鎮痛剤』の過剰摂取。

湿度が高いと頭痛を覚える自分は、
ずいぶんと安易に、ロキソニンやSG顆粒を飲むようになっています。。。

SG顆粒の前はセデスG。
(*:病院用のセデスは市販のセデスと内容薬剤成分が異なります)
27歳の時の手術直後なんて、1日4gが適応上限のセデスを1日8g飲んでましたし。
あのころ、「あとで影響があってもいいから、今、この痛みから逃れたい」なんて言いつつ、
セデスを飲んでました。
セデス8gにロキソニンを併用・・・
そういう状況を1年は続けましたから、
おそらくその影響が視神経に出てるんだろうな~、、って推測しています。。
まー、悔やんでも仕方ないので、
現状を受け入れつつ、優しく過ごしていかないとダメですよね。。


ヒト、って自分が一番可愛い生き物だと思いませんか。
自分の身体の不調が、非可逆的(元の状態には戻らない)ものだと、
ものすごく悲観する。。。
周りをみれば、他愛もなく笑ってるヒトに、ついつい目がいってしまって、
『不幸なのは自分だけ』
『自分より不幸な人はいないのでは』
なんて思考に入っちゃって。

自分も眼の不調を感じると、そういうマイナス思考のサイクルに陥りいりそうになって・・・
だけど、自分よりも大変な状況にいる人だって
たくさん、いるんですよね。。。

いま、病棟に入院している患者さんの中に、
24歳の可愛い女性がいます。
入院してきた時は、車椅子に乗っていたせいか、
上半身にしか目がいかず、いつもどおりの感じで・・・
(いつもどおり、ってイヤラシイ目じゃありませんからねっ!^^;)
見過ごしてました。

実は彼女、『くる病』という病気を患ってまして、
膝の変形により、自分で歩けなくなってました。
そして何より、骨の発育不全で、足が40cmほどしかなく・・・
自足で歩けるよう、骨の形成をする手術目的で入院してきました。

ホント上半身だけみれば、24歳の歳相応の女性なんです。。
術後の歩行訓練の様子を見ていますが、
術直後の頃は、痛くて痛くて泣きながらリハビリをしてる姿を見かけ・・・
なんとも複雑な思いで見てました。。。


ありのままの自分を受け入れるのは、
言うのは簡単ですけど、なかなか難しい、、、
目の不調を感じながら、彼女のリハビリをみていると、
自分はこの自分で幸せなんだな、、と感じずには居られないです。。。

あとは、出来るだけ、鎮痛剤に頼らないこと、ですね^^;
[PR]
by ken12_pennsyl | 2009-07-13 14:52 | 健康


<< 時期はずれ 匂い >>